私は昔、ものをため込むことが好きでした。貝殻、シュウマイのお醤油のビン、お菓子についているおもちゃなどを集めていました。こういったこまごまとしたものが多いです。そのため、私の机の上はいろいろなものであふれていました。ものを机の片側に寄せて何とか机を使えるような状態です。
これらはすべて引越しの際に捨てました。こまごましたものがたくさんあると引越しの荷造りが大変です。また、新しい家に引っ越したら新しい気持ちで暮らしたかったので、昔にとっておいた使わないものは捨てることにしました。
いろいろなものがあり思い出もあるので捨てるのは惜しかったのですが、思い切って捨てます。ビンやお菓子の缶などの不燃ごみと紙など燃えるごみがいろいろとあるので、それらはすべて分別します。燃えないごみの袋と燃えるごみの袋をそれぞれ用意して捨てる作業をしました。
やり始める前は捨てることがもったいなかったのですが、作業を進めるときれいになっていくことが楽しくなります。そのおかげでスムーズにごみ捨てができました。

メニューを閉じる