数年前に長年暮らしてきた家から引越しましたが、その時に出てきたゴミの量が半端ありませんでした。普段の生活では全く気にならなかったものの、あまり開けることのなかった戸棚や押し入れの中を整理したら、驚くほど不用なものが大量に出てきたんです。その殆どがお祝いで親戚などから貰ったもので、使用する機会がなくても捨てるに捨てられず、ずっと残しておいたものばかりでした。小さな不用品ならそのまま地域のゴミの日に出すだけで済みましたが、困ったのが一定以上の大きさのゴミたちです。ゴミの日に出せるよう、家族で協力して不用品を砕いたり切ったりして小さなサイズにしてみました。小さくすること自体は問題ないものの、その作業に多くの時間を割いてしまい、あまりにも効率の悪い作業をしてしまったと思います。自分たちでは小さくできない大きなゴミについては、自治体が運営するゴミ収集場へ車で運び込んで処分しました。ゴミ処分の作業をもっと短縮できたら、引越し作業がずっと楽に済んだのかもしれません。

メニューを閉じる