引越しをする時は多くのゴミを処分することが求められ、可燃物と不燃物、粗大ごみと仕分けして手続きをしないといけません。可燃物は回収日や出す場所を確かめると頻繁にあるため何とかなりますが、不燃物は頻度が低く所定の場所に置く必要があります。粗大ごみは電話で回収日を予約をしてからゴミ処理券を貼り、定められた場所に出さないといけないため困りました。家具や家電製品はリサイクルショップで買い取ってもらえ、現金を受け取れたため回収業者に依頼する方法と比べると大幅に費用を減らせて良かったです。

引越しのゴミの処分は手順を決めないとスムーズにできないもので、退去日などとの兼ね合いを考えないと苦労することになります。ゴミは引越す直前までためすぎると完全に処分して退去することができなくなり、オーナーに日時を伝えてすぐにしました。苦労したことは種類ごとに分けないといけないため、やるべきことが多く悪戦苦闘したことです。

メニューを閉じる