断捨離にはまっていたことがあります。捨てる爽快感に病みつきになり、当時の私には、物の無い部屋は幸福の象徴でした。しかし物が無くなると部屋が広く感じられます。「今の私にはこんな広い部屋はいらないのでは?」と思い立ち、ついに断捨離が高じた引っ越しを決意。絶対必要な家電系だけを残し、他は全て粗大ゴミに出しました。電話で申し込みをして、コンビニに行って処理券を買い、貼り付けて外に出しておくだけ。文章で書くと簡単ですが、これが意外と手間がかかります。ゴミを捨てるのにも手数料と言う名のお金がかかるのね、と世知辛い気分になったりもしました。もう住まない!と決意したマンションとは言え、大量の粗大ゴミを外に出しておくのも、さすがにご近所の目が気になります。結局二回程度に分けてゴミ出し…。一人暮らしだから軽めの物しかなかったけれど、やっぱり重いものは重いです。部屋の中に入って持って行ってくれる訳でも無し。重いものがある方は、親しい人に手伝ってもらうのが良いかと思います。

メニューを閉じる